インストラクターのブログ
村上 智子のオフィシャルブログ村上 智子のニコニコLife
村上 智子のオフィシャルブログトップページに移動します。
ブログFiT閉鎖と新サービス「夢ブロ」のご案内

ブログ先頭ページホームページ先頭

ホーム > アクアエクササイズ > アクアダンスとメンタルヘルス

アクアダンスとメンタルヘルス

  • 投稿日:2015-09-27(日)19:00
  • 最終更新日:2015-09-27(日)19:07

昨日は通信大学の卒業研究論文の中間発表へ。

1月の提出に向けて、まずは5000文字

テーマは「アクアダンスとメンタルヘルス」について。

様々な角度から先行研究を読みまくり…とうとう老眼鏡のお世話になる事に(涙)

アクアダンス指導を20年近くしていて実感するのは、アクアダンスレッスンを習慣づけて受講される方々の健康維持の高さ。

20年ほど担当させていただいている施設では、私が初めてレッスンを担当した時に受けて下さっていた方々が、今もお元気に通って下さっています。

エアロビクスでもお元気な方々は多いのですが、年齢を重ねるとどうしても、膝や腰、肩などの関節疾患でお休み・リタイヤされる方が増えてきます。

その点、浮力がある水中運動は関節疾患があっても、下肢への負担が少なく、継続しやすい運動プログラムなのです。

関節疾患だけではなく、内臓疾患、特に癌に罹られる方も中にはおられます…ただ、絶対的に一般の確率に比べて罹患率が低い。と、私は感じています。

そして、手術後、寛解後にアクアダンスに復帰される方が多い。

ストレスと病気の関連は様々な検証がなされています。

アクアダンスを続けておられる方々が元気いっぱいなのは…身体的な効果だけではなく、精神的な効果も高いからではないだろうか。

浮力で身体への重力から解放される事での心地よさ…痛みからの解放。

空気の800倍以上と言われる粘性の高い「水」に触れる感覚入力や皮膚感覚刺激。

胸から下は水中にあるため…他人からは見られない。周りと違った動きをしていても自分にダメ出しを出さなくても良いという自己肯定感。

集団で行うことでのコミュニケーション。一体感。

音楽に合わせて行う心理的高揚感や楽しさ。

顔を水に付けなくても良い安心感…etc。

…ただ、「水」に対してどうしても恐怖心を抱いてしまう方にとってはストレス以外の何物ではないかも。

温水プールであっても、体質的に冷えてしまう方にとっても辛い環境かも。

塩素でアレルギーが出てしまう方には毒になってしまう…。

メリット・デメリット、様々な要因がある中、

「風呂文化」が根付いた日本においては、やはり癒しの効果が高いように思います。

アクアダンスを継続すると身体はもちろん、心も健康を保てる。

運動指導を現役で行っている立場だからこそ出来る…そんな検証をしたいと考えています。

自分の興味に突っ走ってしまいがちな私を、担当教授は温かい言葉で論文のイロハからご指導くださいます

共に学ぶ仲間は医療やや福祉、フィットネスや教育の分野で活躍されている面々。

仲間の論文も現在のフィールドでの課題をさらに追及・深めて行こうとするテーマで完成度が高く、もの凄い刺激を頂いています。

忙しい仲間が多く、昨日の懇親会の参加は少人数でしたが、密度の濃い語らいで「よし!!目標に向かってまた頑張ろう!!」と思いをあらたにする時間でした。

■この記事に関連する投稿(表示順はランダム)

ホーム > アクアエクササイズ > アクアダンスとメンタルヘルス

カレンダー
« 2017 年 4月 »
S M T W T F S
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
新着DVD
QRコード
リンク
サイト管理
フィード

ページの上部に戻る